読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の日に生まれて。

29歳独身OLの備忘録。

9/22 ヤクルトvsカープ@神宮球場

シルバーウィーク中日。今回は立ち見は嫌だったので開門時間に来場した。 この日もチケットは完売。

先発投手はカープが戸田、ヤクルトが石川と、ヤクルト側が有利な組み合わせに。

 

1回目から新井のツラゲにより、カープの攻撃が終了。 ツラゲとは新井のあだ名「辛いさん」と「ゲッツー」を組み合わせた造語で、併殺につながる打球が多い新井の別名である。 ※なぜ「辛いさん」かというと、阪神にFA移籍を決めた会見で泣きながら「辛いです。カープが好きだから」という発言をしたからである。生涯広島宣言をしたのに阪神に移籍しカープファンにめちゃくちゃ叩かれ、結果として現在は古巣のカープに戻りいじられまくっているという・・・。

 

この日レフトスタンドにカープファンの友人がいたため、LINEでやり取りをしていたのが「ツラゲwww」「ツラゲやってもーたぁぁぁぁ」というLINEが連投された。

 

この日戸田は集中力を欠いた投球で1回裏であっさりと先制打を許してしまう。 それにしても以前もそうだったがエースの山田と畠山は打てないのに5番以降のバッターが打てるという不思議な投手である・・・。 負けられないカープ、なんと2回表でエルドレッドがホームラン!!!石川完全に失投・・・。

ソロであっただけよかったと思ったが、まだ2回だったので「まさか石川も崩れてしまうのか・・・」と不安になった。 4回表でスタメンにのし上がった堂林の力強い振り切りでまさかホームランか!!!??と吐きそうになったが、センターフライできっちりキャッチ。

広島ファンがいちいち声高く歓声を上げるのでホームランヒットかと勘違いしてしまう・・・。(個人的にあるあるだと思っている。)

 

4回裏で完全に戸田が崩れ、投手の石川に対してやってはいけない四球、次に川端にタイムリーヒットを打たれ失点。この時点でヤクルト4点カープ1点。 5回表の広島の攻撃で梵が代打し投手交代。梵、スタメン落ちか。そして緒方は交代が遅い。

 

ヤクルト側も7回で秋吉に交代。 秋吉は毎度きっちり抑えるイメージなのだがこの日はちょっと危なく、しょっぱなから四球、ノーアウトのまま2人ランナーを出してしまう。 カープ側が安部を出してきたが、見たかんじだとまだまだである。打てるだけいいが、攻め方はまだわかっていない様子。 代打でアンパンマン松山が出て、ホームランになりかけ再度吐きそうになるもファウル判定、心臓に悪い展開を見せられながらも エルドレッドがタッチアップに失敗しゲッツーで秋吉の仕事終了。わざとやっているのか・・・秋吉よ・・・。

 

7回裏のヤクルトの攻撃でもチャンスが生まれ、今度は広島側の心臓に悪い試合展開になるもチャンスをつぶして攻撃終了。 ここでバレンティンが引き下げられた。バレンティンも心配だが代走で立った比屋根の顔色があまりよくなくてそれも心配だった。 ここまで来れば取得点を守りきり勝つしかない、というところで8回オンドルセクで余裕の逃げ切りを見せるも9回で守護神バーネットに悪魔が降り立った。

 

打率の悪くない新井、エルドレッドを押さえつけたのに、若手の鈴木と安部がヒットでまさかの1失点。1イニングで3失点した悪夢がよみがえる。点差は2点。危ない。代打の神様小窪が出てきて大盛り上がりのカープ席。しかも四球・・・。泣きそうになった。こんな負け方はバーネットのためにもよくない。 祈る思いでバッターボックスを見つめる。打者は以前打たれた田中。

f:id:yukusora1:20150924205220j:plain

・・・・センターフライ。ゲームセット。

 

この日は心臓に悪いシーンがいくつもあり気疲れした・・・。 なんとか勝利。(結果だけ見れば2点差だがあまりにも危ないシーンが多すぎたためギリギリで勝利した感が・・・)

f:id:yukusora1:20150924205238j:plain

ヒーローインタビューは12勝目の石川。37セーブのバーネット!石川はスポーツマンらしいハキハキした受け答えでとても気持ちよかった。 「ファンのみなさん、力をください!」と爽やかな一言。

バーネットは「ヤクルトエイエイオー!」で〆。笑

 

インタビューがひと段落した後、お立ち台でバーネットと石川がこしょこしょ何か話しながらクスクス笑っているのが微笑ましかった。 石川、英語できるのかな?