読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の日に生まれて。

29歳独身OLの備忘録。

独身アラサーが1ヶ月半でpairsを退会した話。

1ヶ月半でpairsを退会した。

 

理由としては

 

①1ヶ月ほど経過した頃、いいね!がほとんど来なくなり活動の限界が見えた。
②ネット婚活をしている男性がそもそも自分の好みではないと思った。
③恋活パーティーに参加してみて自分にはまず会える恋活の方が合っていると思った。
同僚にバレた。

 

の4点である。

 

①1ヶ月ほど経過した頃、いいね!がほとんど来なくなり限界が見えた。

自分は基本的にいいね!してくれた中から「話したい」と思える男性を探すという方法で活動していたため母数が減り活動が鈍ったため継続するモチベーションがなくなった。さらに自分からいいね!したいと思う男性を探すのは面倒だった。

 

②ネット婚活をしている男性がそもそも自分の好みではないと思った。

自分にいいね!をしてくれた男性がたまたまそういう人だっただけかもしれないが、ただ女性とメッセージ交換をしたいだけの男性や「元カノを引きずっていてとりあえず気を紛らわしたい」という男性が多く、積極的に相手に関わっていきたいという自分のスタンスに合わないと感じた。

 

何人か会ったり電話してみたが「(直接話せる)パーティーでうまくいかなかった」、「パーティーは無理」と感じ、最後の手段としてpairsに辿りついたという人が多く、この人たちと同等の立場にいたくないと思ってしまった。


直接コミュニケーションが行えるパーティーでうまくいかないというのはコミュニケーション能力が乏しいことに他ならない。

自分はきちんと自分自身の主張ができ、議論ができる男性が良いのでpairs市場にいる奥手な男性はそもそも求めているタイプと違うと判断した。

 

③恋活パーティーに参加してみて自分にはまず会える恋活の方が合っていると思った。

これも別記事に上げようと思うが、pairsの活動と並行してホワイトキーの個室パーティーに参加し、こちらの方が自分に合っていると思った。

 

pairsだってメッセージのやり取りをして会って付き合うのが最終目的なのだから、会うまでに長々メッセージをやり取りしたり、いつまで経ってもアポに至らないというのは
効率が悪いと感じた。また、いざ会ってみたら「写真と違った」、「想像と違った」というほぼ確実に起こり得るデメリットが自分にとっては重すぎた。

 

写真を見てイケメンだとワクワクしていたら実は昔の若いころの写真を使っていて会ったらオジサンだった、学歴が高いというだけで安易にメッセージのやり取りを始めて実際に会ってみたら波長が合わなかった、頭がいいとは思えなかった、など自分にとっては落胆が大きく精神的なダメージが大きかったし時間の無駄としか思えなかった。

 

じっくりやり取りをしてから会う・会わないの判断ができるこのシステムがいいという人もいるのでこれは相性かと思う。自分の性格にはpairsは合わなかった、パーティーは合っていた、ということである。自分の人選眼の問題もあるので批判をするつもりは全くない。

 

④同僚にバレた。

この問題はこの同僚が既婚者であるという点にある。彼の独身の男友達がpairsをやっていて、見せてもらっている最中に私のプロフィールを見かけたという話だったが、私はそもそも既婚者がこのアプリに興味を持っていること自体に腹が立った。


独身同士であれば「お互い頑張ろうね」と言えるし情報交換もできるが結婚している人間ならばただ弱みを握られたということにしかならない。バカにされている気もした。
「もういいや・・・」と本棚の棚板を支えるダボが外れて本がバサバサーーーーっと落ちたような気分になった。


さらにこの同僚の奥さんがその男友達とグルになって、どんな男性会員がいるのかを見るために既婚者にも関わらずpairsに登録していたのだ。


pairsは「恋人がほしい」という独身のためのサービスである。わざわざ結婚している人間が興味を持ったり市場に飛び込まなくてもいいだろうと思ったし、むしろルール違反で通報したいくらいである。統制が取れていない場所で活動はしたくないと思い、その事実を知ってすぐに退会手続を行った。

 

以上が私のpairs退会理由である。特に④の事実は現在進行形でネット恋活している女性にも認識してほしいしよく考えてほしいとも思った。ネットでの活動は不透明な部分が多く注意が必要である。

 

※2016/4/14追記。

上記の同僚の奥さんは結局、連絡をしたところ「(pairs)やめます。別れ(離婚)たくはないです」と返答をしたそうです。目の前で退会する確認をしたかどうか等の詳細はさすがに聞けなかったのですが、Facebookの交際ステータスが元(○○さんと既婚)に戻っておらず、何も表示されていない状態だったので本当に退会したかは定かではありませんが・・・。他人に頼まれた事情があるとはいえ、個人的にはこういう行動をしている人がいるのはすごく不快です。ネット恋活・婚活で既婚者の被害に遭う方がいなければいいと願っています。 

 

pairsについてのまとめ

じっくりコミュニケーションをとりたい人、のんびりしている人には向いている。
1ヶ月の短期決戦で臨むのがおススメ。
不透明度が高いことはしっかり認識しておくこと。過度に期待しないのが吉。

 

※pairsで好きな人を見つけた方々がこの記事を読んで不快な思いをした場合はなんなく苦情をお伝えください。