星を数えて。

ネガティブOL。31歳。

独身主義だった私がなぜ結婚したいと思うようになったか。

私は28歳まで結婚願望がなかった。


23歳の時新卒で入社してから転職するまでとにかく最も頑張って考えていたことが仕事のこと。


当時のブログを見ても「仕事のやりがいが」とか「このままじゃ手に職がつかない、技術がつかない」とか必死で悩んでいる文章が続いている。


「もっとシステムエンジニアとして成長していきたい」と26歳の時に転職して、年末年始もない状態で仕事をして「辛いけど楽しい。ずっと仕事に生きていきたい」と思ってた。


「結婚はキャリアの邪魔」と思っていたし、「マイペースだし1人で生きていくのが楽だ」と。


でも29歳になる3か月前くらいの28歳の時「やっぱり・・・結婚したいかも・・・」と婚活を始め、なんとか彼氏を見つけ、今結婚できるように奔走(親の説得やら同棲の部屋探しやら)している次第で。


26歳くらいまで「私は結婚願望はない」と自分で信じきっている女性は多いと思う。

 

そんな方々へのアドバイスや考えの助けになればいいなと思うのだけど、「ある程度の年齢に達すると結婚願望はどういう意味合いであれ出てくる」ということを想定した方が良いと思う。


私は以下3点で結婚願望がモヤモヤと共に生まれてきた。


①アラフォー独身の女性を見ていて「ああなりたくないな」と思うようになった


新卒で入った会社に何人かアラフォーで独身の女性がいたけれど私はあまり魅力的な人と感じていなかった。


「1人がいい。1人は楽しい。結婚はしたくない」と言いつつ彼氏はいる、みたいな人だった。


当時は私もまだ24とかで大分年が離れていたし偏見も少なかったので「そういう人もいるんだなー」くらいに感じていたけど、その人たちの年齢(アラフォー)に近づいていくにつれ、「結婚できない(しない)人ってそれなりに欠陥があるんだなぁ」と思うようになった。


正直そんなに仕事ができるわけでもないのに若手の批判だけはいっちょまえで、正確な意味ではキャリアウーマンではなかったし、性格もすさんでいるかんじで話してて「ああなりたくないな」と思わせる人たちだった。


それに反して接してて気持ちがいいのは大体結婚している女性社員だった。


幸せそうだし、他人に対して愛情深く、自己中心的な人が少なかった。


この年齢になって個人的に思うようになったのは、結局ある程度の年齢で恋人がいるのに結婚してない人って「結婚してもらえない人」、「魅力がない人」なんだなということ。


あくまで私の周りの人のことだし、私の意見だけどそう思った。


「お前の周りに魅力的な独身アラフォーがいなかっただけじゃん!」と言われればそれまでだけど、自分の世界の中で人生の決断をしていくわけだし、とりあえず私の中の結論はこれということにしている。


そうして結婚したい、あの人たちと同族になりたくないと思うようになった。

 

②1人でいて楽しいと思えなくなった


以前は1人旅や1人ですること(映画鑑賞や読書)が好きで「これがない人生なんて考えられない。なくなったら絶対自分が狂う」と思ってた。


だけど周りの友人や先輩・後輩が家庭を持ち始めて現在進行形で交流がある友人が減り、そのことで「皆と一緒でなければいけないのかな?」という迷いが生まれると同時に「さみしい」と思うようになった。


これは自分の中でも予想外のことで自分でも驚いているけど結局私は「一緒にいてくれる誰かがいてくれたからこそ1人の時間が欲しい」と思っていただけで「真に1人が好き、1人がいいと思ってる」という人種ではなかったということに気づいた。


あと、年を取って弱気になるようになったことも大きかった。


若い子の集まりに参加するのに怖気づくようになったり、自分の容姿や体力を目の当たりにして自信がなくなったり。


「誰かが一緒にいてくれた方が楽しいし楽」と思うようになった。

 

③子供


言わずもがな。皆悩みますよね。


「授かるかどうか分からない」という要素はあるものの捨てきれないものがあった。

 

・・・。

 

そんなかんじで時の流れと共に「結婚したい」と思うようになった。

 

年は取ってみないと分からないけど、年齢を重ねても変わらない人、いい意味でも悪い意味でも落ち着かない人というのは女性には少ないと思う。


年齢というのは人生の中でとても重要な事柄で、年を取った未来の自分のことは分からないとはいえ、「ずっと今のまま自分を保てる」と思うのは結構リスクがあるということは認識しておいた方がいいと思う。


年を取ってから気づいても遅いということが女性には多いし、この文章を最後まで読んでるということは心のどこかで「結婚・・・。・・・もしかしたらしたいかも」くらいには思っているのだろうし。


私も26歳くらいの時「結婚を選択しない人生」的なブログや独身主義の女性の記事を読み漁ってた。


でもきっとその時点でもう「結婚するに越したことはない」くらいの気持ちはあったのではないかと思う。

 

だからこの記事をわざわざ探して読みに来た人は「結婚願望?絶対ない!!」と言い切らず、柔軟に、ちょっとずつでもいいから心の準備をしていくのが良いと思う。


なんの有益な情報でもないし、「だから何?」というかんじの記事ではあるけど、「こういうこと、結構な可能性であるよ」という意味で残した。


それでは。