星を数えて。

ネガティブOL。30歳。

また会いたくても。

中学校の同級生が当時の夢を叶えて、今いきいきと輝いている。


結構有名人で、多くの人にとって憧れの存在である人気者の彼女。


「あの子と一緒にあんなことしたなぁ」、「こんなに有名になったんだなぁ」と思いながら「もう一度会ってみたいな」と思ったりする。


私のことは、たぶん忘れていないだろう。


だけど、彼女は私が連絡をしても喜ばないだろうし、会いたいと思ってくれないだろうし、返事さえしてくれない可能性が高いだろう。


遠い存在になってしまったからというわけではない。


当時の私は彼女が少し嫌いで、一時期裏切ったことがある。


元々は仲良しだったのだ。


苗字の関係上、席が隣でよく話してた。


イラストや手紙を交換したこともあるし、彼女が所属する部活のお手伝いを一緒にしたこともある。


それでも私は裏切った。


イジメ、とまではいかないけど悪口に加担したり、避けたりした。


彼女のちょっとした発言に私がイラついたことが原因で、向こうが悪いだろうと当時は思っていた。


だけど、仲良くしてもらい、部活にも参加させてもらっていた立場で随分ひどいことをしたなと今では思っている。


謝りたいと思ってる。


それは彼女が有名になったからだとか、そんな下心からじゃない。


それでも私はもう彼女に会うことはできないんだろう。


やった方は許してほしいと思っても、やられた方はずっと残ってるものなんだよね。


時が解決してくれるけど、面と向かって謝罪したからと許されるものでは絶対ない。


私は許してほしいなんて思わない。


だってそれなりのことをしてしまったから。


その罪はもう消せないと思ってる。

 

やってしまったことは、もう消せない。


それでも、輝いて、数倍魅力的になった彼女を見ると、ふと「あの時、楽しかったな」、「また会いたいな」と思ってしまう。


彼女が自身のSNSで当時一緒に行っていた部活動についてちらっと語っていて胸がきゅんと痛んだ。


きっと、忘れてない。


私のことも。たぶん。

 

色々な意味で。


そして、楽しかったことだけ覚えてるなんてことは、ないだろう。


夜遅くまで頑張った部活動、一緒に見せ合った成績表。


運動が得意で、いたずらしてくる彼女をよく追いかけた。


こっそり食べたお菓子、交換した手紙の丸い文字。


楽しかったことばかり思い出す。


きっと、覚えていてくれるよね。


あの時はお互い、子供だったね。


また会えたらいいのにね。

 

難しいって思ってる。


あの時は、本当にごめん。


無理だろって思ってたのに夢を叶えたんだね。


なんかそれはびっくりした。


嫉妬ゼロで、純粋に1つのアイコンとしてあなたのファンでいるよ。

 

あなたみたいに華やかではないけど私もあの後、結構頑張って今があるよ。

 

気持ちもだいぶ大人になった。


会いたいなぁ。


また会いたい。


許してくれなんて全然思わないけど、ただただまた会いたい。

 

独り言だよ。もちろん。


驚いた時の声とか笑顔とか、だいぶ変わったことはあってもやっぱりあの時のままだね。


私なんて些細な存在で、忘れてしまったかもしれないね。

 

自信ないや。


忘れられてても、応援するよ。


これからも、頑張って。

 

私も、あなたみたいに頑張るよ。

 

上手く言えないんだけど、ありがとう。