読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の日に生まれて。

29歳独身OLの備忘録。

9/5 ヤクルトvsカープ@神宮球場

久しぶりにユニフォームを着て応援できる!と楽しみにしていたがこの日はとんでもないヤク日となった。

 

カープの先発は黒田、ヤクルトの先発は石山。黒田の力強い投球にヤクルト打線は全く太刀打ちができず、両者応援にテンション下がり気味なまま試合が進む。

 

カープ安定の貧打により、不安だった先発の石山もピンチはありながらもなんとか6回まで無失点で投げ切り7回から秋吉に。ここまで無失点でいけたのは石山にとっても大きかったと思う。ばっちりストップをかけてる黒田は投球数が少なかったため余裕な状態で7回まで力投。

 

ヤクルト側は投手陣に余裕がないため、黒田の交代後にどの抑え投手が出てくるかで点が入るか入らないかが決まり、そこで点が奪えないままだと延長戦か体力勝負で投手が崩壊し、負けるパターンになってしまう。その一方でカープに点を取られるかもというリスクは少ない予想だった。点さえ取れれば・・・という思いだったのである。しかし9回で信じられないことが起こってしまった・・・。

 

8回からのカープの抑え投手は速球派の大瀬良。若くて期待されているだけあってカープのムードも急上昇。この時点でまだお互い0点だったが結局ヤクルトは点が入らず9回に。延長戦かも・・・と思っていたが、この時点で守護神バーネットが登場。9回裏から川端、山田、畠山の順だったので、9回表で守護神バーネットを使いカープを0点で抑え9回裏の攻撃でサヨナラ勝ちという算段だったのかもしれない。

 

しかし守護神であるはずのバーネットがまさかの3失点!!!1イニング投げ切れず降板・・・本当に、何が起こったのか分からずしばし呆然・・・。こんなこと今までなかった。しかも今年不調の丸のタイムリーヒットが決め手になった降板・・・。さらにその後に出した松岡投手が菊池にデッドボール。カープボルテージが急上昇し、この時点で負けを確信。

f:id:yukusora1:20150906215430j:plain

9回裏、中崎に太刀打ちできないままゲームセット。カープに4点も取られた上にゼロ戦・・・。この日ヤクルトにとってのハイライトは黒田の激しい牽制を潜り抜け29盗塁目を決めた山田のナイススチールのみであった・・・。地味・・・。

(ちょっと話がそれるが黒田はなぜ日本に帰ってきたのだろうか?今のカープに戻ってくることに黒田はどんなメリットがあると思っているのだろうか。もちろん損得だけではない思いはあったのだろうが色々な憶測がありその辺は静かに興味深く観察している。)

f:id:yukusora1:20150906220446j:plain

ヒーローインタビューは丸。まさか神宮球場でのお立ち台を丸にとられるとは・・・。

さっと写真だけ撮ってヤク日の夜道をとぼとぼと帰った。