海の日に生まれて。

30歳独身OLの備忘録。

そこから先も。

以前ちらっと記事に書いたこともある会社の先輩(33歳・女)。

 

ネガティブで他人の詮索が好きで無駄に理想が高い人。

 

体型は太ってて、喫煙家のせいか実年齢より老けて見える。

 

年下の彼氏に「結婚へのプレッシャーが重すぎて怖い」と1回振られたのにヨリを戻し、結婚へのプレッシャーをかけ続けているらしい。

 

同棲したい、婚約指輪がほしいという要求をスルーされてるらしい。

 

たぶん男は「もっといい女いないかな」と思ってるんだろう。

 

彼氏に相手にされていないエピソードを暴露してしまった埋め合わせか知らないが少し経ってから「同棲しようかという話も出てて・・・」(実際してない)とか「両親へ会挨拶に行こうという話になっていて・・・」(結局流れた)とか話している。

 

たぶん強引に持っていけば彼女は今の彼氏と結婚するんだろう。

 

でも、こういう人って目標を達成しても幸せにはならないんじゃないかなというかんじがする。

 

婚約しても婚約指輪が結婚式がとか言ってそう。

 

結婚しても次はマイホームが子供がとか言ってそう。

 

出産しても子供への理想とかエゴとか言ってそう。

 

その前に現在実家暮らしらしいから家事でてんてこ舞いになってストレスためてそう。

 

業務中、彼女はよく溜息をついている。

 

ストレスが貯まっていなければ溜息は出ない。

 

大して忙しくもない時期だからプライベートでの溜息だろう。

 

 

全体的に、あぁなりたくないなぁと思う。

 

 

幸せな人はずっと幸せだし、不幸な人はずっと不幸なんだろうなと結婚した様々なペアを見ていて思う。

 

目標を達成したそこから先も結局はその人のキャラクター次第の人生なんだろう。

 

いちいち悪い所ばかり見て不満を垂れる人はずっとそういう人生だろうし、全部ポジティブにとらえて悪いことはすぐ忘れる人はずっとそういう人生なんだろう。

 

果てしないレールの上で美しく振るまっていたい。